初めてのエアロヴィクスダンス


これは実体験でのお話ですが、2004年の秋頃から私は長く勤めていた会社を休職扱いで長期休む事になり家に居ても暇で何か身体を動かさないと、夜も眠れなくなる位身体が怠けてるので近くに有るスポーツジムへ通う事にしました。

そこは市が経営していてスポーツ施設の他に天然温泉もある少し保養的な施設です。

そのビルの上の階では、フィットネスクラブ用のマシーンやエアロヴィクスダンススタジオ、25m6コースまであるプールもありで、エアロヴィクスにはちゃんと資格を持ったインストラクターさんが来られて、とても良い感じのクラブでした。

エアロヴィクス

また1階にはフィットネスとは別に天然温泉があり
会員はその温泉も無料で入れるのでご年配の方も激しいトレーニングまではせず、簡単なトレーニングだけで終わり後は温泉でゆっくり、
と言う方も随分いらっしゃったようです。

すでに通い始めて2週間ほど経った頃、クラブにも慣れ、
ご婦人方が中心で行われてるエアロヴィクスダンスにでも入ろうと思い、
スタッフに聞いてみたら
「先ずは簡単の初めてのコースと言うプログラムがあるのでそれからお入り下さい」
との事でした。

初めてのエアロというプログラムでした。
ご年配の方や若い方、つまり老若男女の集まりのようなもので、
そのプログラムは初めての方だけでは無く、
そのプログラムが気に入ってる常連さんもいるようでした。

それからはと言うとその初めてのコースを終え、
ご婦人方が楽しそうにやってるのを外から見ていた自分も
本格的なエアロダンスを覚える事にしました。

まさか瓢箪から駒でも無く、ここからインストラクターへの道の第一歩になる
長い道のりになるとはその当時考えてもいませんでした。

年が明け2005年の1月中旬、ダンスを毎日殆ど1日中やっていました。

何か新しいものや珍しいものを発見したかの用に夢中で、
それに今まで体験した事が無かったので、
まぁ熱しやすく冷めやすい性格な部分もあるから
自分でもその内飽きるだろうと思いましたが何回も通うと
知り合いも出来少し若い女性とも仲良くなったりで、
続いている方だなぁと心の中でつぶやいていました。